読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

         筆者チャコールが観賞したことのある映画の感想をゆるゆるながら書いていきます

         ブログを見ていただいた方の映画選びの参考になればなと思っています

         ネタばれは無しでいきます

信長協奏曲

フューチャーポイント

役者の豪華度  レベルMAX

合戦シーンの迫力  レベルMAX

主人公の歴史無知度  レベルMAX

 

スタッフ・キャスト

監督 松山博昭

        (代表作:ライアーゲーム 再生, ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ  等)

 

役者 小栗旬 (役名 サブロー, 織田信長, 明智光秀) 1人3役

        (代表作:キサラギ, 岳, ルパン三世  等)

 

        柴咲コウ (役名 帰蝶)

        (代表作:青天の霹靂, 容疑者Xの献身, 県庁の星  等)

 

        山田孝之 (役名 羽柴秀吉)

        (代表作:新宿スワン, 凶悪, 大洗にも星はふるなり  等)

f:id:excharcoal:20160719215612j:plain

ストーリー

修学旅行に来ていた高校生のサブローは

戦国時代へとタイムスリップしてしまった。

そこでサブローは自分に顔がそっくりな武将織田信長に出会い、

織田信長から自分の代わりに織田信長になってくれと頼まれる。

 

ひょんなことからサブローは

織田信長として生きていくことになったが、

戦国時代の情勢や様々な家臣の意見に戸惑いながらも

織田家の舵取りを立派にやってのけた。

 

戦国時代で生きていく中で

サブローは平和を強く望むようになり

平和のために天下統一を図ろうとするが、

サブローは本能寺の変という

運命を乗り越えることは出来るのか。。。

 

感想

かつてないほどの豪華な役者陣

主役の小栗旬をはじめに

柴咲コウ山田孝之向井理藤ヶ谷太輔

水原希子濱田岳古田新太

出演している役者が豪華にもほどがある

 

役者というのは映画にとって

最も重要なファクターの1つである。

この映画では豪華な役者陣の魅力をふんだんに見せつけてくる。

f:id:excharcoal:20160723143828j:plain

小栗旬のだらしない顔と凛とした顔のギャップ

山田孝之の何か企んでいそうな不敵な笑い方

柴咲コウの他を圧倒する聡明な目力

古田新太の心に重く響く

等々あげたらきりがない。

f:id:excharcoal:20160723143925j:plain

何度も言うが役者の魅力がこの映画には詰まっているので、

この映画を見て自分が好きな役者の魅力を

探してみるという楽しみ方も有ではないだろうか。。。

 

迫力満点の合戦シーン

この映画は連続ドラマの続きという位置づけになっている。

連続ドラマ内でも合戦シーンはあったのだが、

映画では合戦シーンが大きくパワーアップしている。

ドラマ版とはモノが違う。

 

特に織田信長とは切っても切れない関係の

本能寺の変の合戦シーンは手に汗握った。

f:id:excharcoal:20160723151736j:plain

ネタばれになるため詳しくはかけないのだが、

炎と敵に囲まれる分かりきった展開が繰り広げられるが

この映画独自の解釈でストーリーを進めたのは面白いと感じた。。。

 

まとめ

・ドラマを見ていたのならばマストで見るべき映画

・好きな役者が出ている人におすすめ